会員情報 (INFORMATION)



  「10月中旬に自費出版します」(高女42期 大野 迪子さん)の続報

「10月中旬に自費出版します」(高女42期 大野 迪子さん)の続報
事務局 濱 田  人
・・・八年半前、夫の右脚がゾウを連想させる程に腫れ、その一ヵ月後、くびにコブ状の盛りあがりができた。驚いたホームドクターの紹介で、○○医療センターに入院、末期ガンの告知を受ける。
七五歳の夫は「ほぼ平均寿命まで生きたのだから、もう思い残すことはない。手術しない、抗ガン剤も使わない」と言う。・・・
以来、脳梗塞・失語症、慢性骨髄性白血病の急性化と、病状は進み八年目に死去した。
その間に、「自宅で二人だけで迎える臨終、無宗教型で簡素なお別れ式、海への散骨」の構想がまとまった。
それらを実施したところ、賛同者がたいへん多く、質問に答えるために、この小冊子をまとめました。
・・・後に続く方々のご参考になれば幸いと思っております。(著者まえがきから抜粋)

 お読みになりたい方は下記へ。
「自宅で臨終 簡素なお別れ 海へ散骨」新風舎刊1,050円 Tel 03-3746-4648




  「10月中旬に自費出版します」(高女42期 大野 迪子さん 2004年9月18日)

「10月中旬に自費出版します」 高女42期 大野 迪子さん
(東京支部高女部 元会長)

8年間在宅介護した夫が昨年末死去し、それに関する小冊子「自宅で臨終・簡素なお別れ・海へ散骨」を(2004年)10月中旬に自費出版します。ご希望の方に総会当日チラシを配布させていただけませんでしょうか。

2004年9月18日の同窓会総会当日受付でお預かりしています。関心のある方はお持ちください。事務局










広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー